ヒルティ 鉄骨探査機

ps1000

X-Scan PS1000

非破壊で鉄筋・PC鋼線・塩ビ管・ケーブルなどを探査。電磁波レーダによる埋設物探査システム。
ps1000

イメージスキャン

イメージスキャン
■特徴
・広範囲の探査(1200×1200mmまで)
・埋設物の位置状況を平面図と3D画像で表示(3D画像はモニターとパソコン上で表示)
・かぶり厚さは断面図で簡単に測定
・2層目の埋設物も探査可能
■主な用途
・建築物の構造確認に
・コア抜き時の安全位置特定に

クイックスキャン探査

クイックスキャン探査
■特徴
・スキャナー単体でその場で探査完了
・埋設物位置・かぶり厚さはスキャナー画面上に表示されその場で確認可能
・埋設物の配列を平面図で確認可能
■主な用途
・穿孔前の埋設物位置
・かぶり厚さ確認に

クイックスキャン記録

クイックスキャン記録
■特徴
・クイックスキャンデータを最長10mまで記録
・埋設物位置状況を平面図と3D画像で表示(3D画像はモニターとパソコン上で表示)
■主な用途
・穿孔前の埋設物位置
・かぶり厚さ確認に

用途

  • コンクリート内の埋設物のかぶり厚さを確認できます。施工管理におけるかぶり厚さの確認に。
  • コンクリート壁厚やスラブ厚さを確認できます。施工管理や設計監理における確認作業に。
  • コンクリート中の鉄筋配列や埋設配管状況などの把握ができます。構造安全確認や補修計画の立案に必要な配置確認に。
  • コンクリートの穴開け施工時の埋設物干渉を避けられます。コア抜き、アンカー施工のための埋設物位置把握に。

特長

  • 電磁波レーダー方式による埋設物探査システムです。
  • 本体性能・点検方法共に、(社)日本非破壊検査協会規格「NDIS 3429:2011」適合機種です。
  • 表示画面はフルカラーで日本語表記対応。スキャナー、モニター、PCソフトウェアで日本語のヘルプファイルを確認できます。
  • モニターとPCソフトウェアでは3次元回転できる3D画像で結果を確認できます。

利点

  • 平面図で埋設物の位置を、断面図でかぶり厚さや複数層をスキャン後即座に同一画面で確認できます。
  • モニターやPCソフトウェアを使用して3D表示でき、探査部の奥行きを簡単に把握できます。
  • 生データを独自の技術で加工し表示。解析には熟練と専門知識が不要です。(生データ表示も可能です)
  • 埋設物の位置とかぶり厚さはスキャナー単位での探査で素早く把握できます。
  • かぶり厚さが既知の埋設物があれば、比誘電率の設定が簡単に行えるガイド付きです。
  • 斜め方向の埋設物も探査できます。

技術データ

探査深さ 最大300mm
鉄筋位置探査制度 ±5mm
かぶり厚探査制度 ±5mm(かぶり厚50~200mm)
鉄筋間隔(ピッチ)の識別能力
(走査方向の分解能)
かぶり厚さが75mm未満の場合:
75mm以下の鉄筋間隔を測定可能
かぶり厚さが75mm以上の場合:
かぶり厚さの距離以下の鉄筋間隔を測定可能
耐候性 IP54
使用温度範囲 -10℃~+50℃
電池使用時間
(Li-Ion)
スキャナー4h / モニター2h
外形寸法 / 重量
(スキャナー)
318×190×143mm / 2.5kg
外形寸法 / 重量
(モニター)
292×208×143mm65 / 2.3kg

高精度探査機

FS10 フェロスキャンシステム

世界初!ポータブルタイプ高精度鉄筋探査機

FS10 フェロスキャンシステム

技術データ

外部条件
作動温度 -10℃~+50℃
保管温度 -20℃~+60℃
最高相対湿度 90%
防塵、耐水等級 IP54(EN 60 529)
耐衝撃、振動等級 IEC68-2-8
適用電波障害規制 EN55011
RV10 モニター
外形寸法 270×195×80mm
重量 2.2kg(バッテリーを含む)
画面 液晶バックライト付き
画面サイズ 115×86mm
解像度 320×420ピクセル、9段階調
非更新画像メモリー 42枚
電源自動シャットオフ 5分(モニターキー操作がない場合)
補助バッテリー リチュウム(標準寿命6年)
プリンタ
インターフェイス
パラレルセントロニクス
PCインターフェイス シリアル RS232(9ピン subD)
RS10 スキャナー
外形寸法 230×133×140mm
重量 1kg
有効探査幅 150mm
探査最大速度 0.5m/s
チェック機能 探査前に自動自己調整

FS10 フェロスキャンシステム標準セット(品番235894)

内容:RV10モニター、RS10スキャナー、TCU12H充電器、RC10ケーブル1.5M、RB10バッテリー、PCソフトウェア(ディスケット又はCD-ROM)、PC接続ケーブル、RG10M照合用方眼紙、本体ケース
  • 照合用方眼紙を貼るか、チョーク等で作業面に印をつけます。
  • 方眼紙にしたがってスキャンします。
  • スクリーンに鉄筋の画像が映し出されます。
  • 分析はその場でも、オフィスに戻ってからでも出来ます。

フェロスキャンの測定範囲

コンクリートかぶり厚の探査に


鉄筋の腐食を防止するため、コンクリートかぶり厚の最低値が定められています。この基準を守って施工されているかどうか、フェロスキャンで簡単確実に現場チェックできます。

耐震補強工事に


切断、穴明け作業時には、特に構造用鉄筋への損傷は避けなければなりません。穴明け位置の決定に対してフェロスキャンを使えば素早く確実な判断が下せます。

PS20 ディテクター

穿孔位置の安全性を瞬時に確認!

PS20

コンクリート面を穿孔する前に簡単に点検したい時

わずか600g!小型、軽量、バッテリータイプなので、狭い場所でも手軽に母材探査出来ます。しかも操作は簡単、特別なトレーニングは必要ありません。

鉄筋や非鉄金属(銅管等)の埋設位置を探査したい時

コンクリート内の鉄筋(8~36mm径)・非鉄金属(管径10~30mm)位置を5mm(最小2mm)以下の精度で確認できます。

コンクリートかぶり厚を確認したい時

見やすいバックライト付きの大型ディスプレイに、最大80mmまで、コンクリートかぶり厚を表示します。

活電線の検知および位置を確認したい時

「活電線検知」モードにすれば、通電している電線を感知し、表示ランプで知らせます。感度を調整することで、電線位置を確認できます。